訪問看護とは

訪問看護とは

訪問看護について

訪問看護とは、ご自宅などで療養している方のお住まいに看護師が訪問し、看護を行なうサービスです。

本人だけではなくご家族の健康状態もチェックし、一人ひとりの健康課題を早期に見つけて、医師と連携して病気の発症や重症化を防止します。
歯科医師や薬剤師、理学療法士、ケアマネージャーなどとも連携し、また状況に応じて他の在宅サービスも受けられます。

長津田厚生総合病院訪問看護ステーションでは、ご本人や家族の意思、ライフスタイルを尊重して、QOL(生活の質)が向上できるように予防的支援から看取りまでを支えます。

また、長津田厚生総合病院との連携も強化しており、同意を受けた方についてはカルテ情報の開示や訪問診療・夜間救急対応などをさせていただいています。

訪問看護でできること

訪問看護と訪問介護は、双方「より快適な生活を送るためのサポートをする」という点では同じで、共通するサポートもありますが、サポートできる範囲が異なる部分もあります。

訪問看護は、看護師(看護師免許を有している看護師)が医療処置や医療サポートなど医療的分野からのサポートをすることができます。

より快適な生活を送るためのサポート

訪問看護と訪問介護の違い

長津田総合病院訪問看護ステーションでは、訪問看護のみならず、介護を必要する方には連携機関と協力をし、みなさまのご要望に合わせたサポートをしております。

連携医療機関についてはこちら

訪問看護の特長とメリット

訪問看護の特長

ご本人やご家族が心配なことや不安なこと、希望していることについてご相談にのり、療養生活をより快適に送れるようにサポートします。

  • 医学的根拠に基づいた判断と予後予測ができます。
  • 介護のアドバイスや環境についての支援をします。
  • 在宅での看取りを支援することができます。
  • 在宅での医療行為ができます。
  • 当訪問看護ステーションには、保健師・看護師が看護職員として在籍しています。また、理学療法士も在籍しているためリハビリテーションも行うことが可能です。

訪問看護のメリット

病状や健康情報の管理と看護
バイタルサインズ(体温、脈拍、血圧、酸素飽和度、呼吸の状態など)をチェックし、感染症の有無、心身の健康状態、障がいの状態などを観察して、必要なアドバイスや予防的サポートをします。主治医と連携をとり重症化を防ぐとともに自己管理ができるよう支援します。
医療処置・治療上の看護
主治医の指示に基づく医療処置(点滴静脈注射、たんの吸引、経管栄養、創傷処置、チューブ類の交換など)や検査をします。在宅酸素療法(主治医の指示の範囲内で効果確認)や、服薬の副作用の有無のほか、膀胱留置カテーテル、経管栄養、胃瘻、在宅酸素療法、人工呼吸器、気管カニューレ、人工肛門の管理や緊急時の対応をいたします。
苦痛の緩和と看護
主治医や薬剤師の処方の範囲内で薬の量を調整し適切なケアを行ないます。痛み、呼吸困難、発熱、愚民、便秘や下痢、けん怠感などの緩和を行ないます。在宅末期がんの患者様の場合は、疼痛を緩和するための服薬支援、マッサージなど身体的、精神的の両面でサポートをします。
エンドオブ ライフケア
病気や老いによって人生の終焉を迎える時期に、最期までその方らしい尊厳ある療養生活を送っていただくための援助をします。ご本人やご家族の思いにそって、苦痛や倦怠感などを緩和するための看護や医療処理を実施します。医師や訪問介護スタッフとも連携をとり、ご本人やご家族をサポートいたします。
リハビリテーション
日常生活動作(ADL)の訓練、運動機能の回復・維持・低下予防、安楽な体位、床ずれ(褥瘡)、肺炎などの合併症予防、呼吸機能や摂食、嚥下機能の回復・維持・低下予防、関節拘縮の予防などについてアドバイスや指導をします。
家族相談と支援
ご家族のみなさまからのさまざまな相談に対応いたします。ご家族の介護負担を軽減して、よりよい家族関係が保たれるようにサポートします。
住まいの療養環境の調整と支援
他の専門職と連携をして、ベッドまわりの医療機器の設置、薬の保管場所、移動方法に関するアドバイスを行なったり、入浴や排泄に必要な福祉用具、手すりの接地や段差の解消などについてのアドバイスも行ないます。
地域の社会資源の活用
ご利用者が自立した生活を送れるように、保健所や市区町村の担当者などと連携して、保健・医療・福祉の制度の紹介や導入、各種サービス提供機関との連絡や調整をします。(長津田総合病院訪問看護ステーションは居宅介護支援事業者です。)

ご質問やご相談はこちらからContact

PAGETOP